マロ♀

野良猫
07 /01 2015
5年ぐらい前に友人と一緒にTNRしたマロが亡くなったと連絡がありました。
マロはTNR後にトラバサミで後ろ左足の先端を無くす大怪我をしながらも奇跡的に回復し、卵巣が残っていたために再発情して試験開腹を行い卵巣を摘出したりなど、いろいろとあった猫でした。

今年の1月頃のマロです。
人馴れはしていなかったけど、かわいくて人気がありました。

2015-6-29-01.png

マロはペット不可の集合住宅で生まれた野良猫です。
この現場も猫が多くて、いつも住人同士でもめていました。
市会議員にも相談しました。
自治会にも相談しました。
私も何度か足を運び話をしましたが、まったく解決策が見えず。
管理会社はペット不可だから野良猫も存在しないという考え。

私は何度も通い、自分たちでやるしかないんだよと給餌者たちを説得して、集合住宅の住人と一緒にTNRを行いました。
今は給餌者たちが情報を共有し、仔猫や人馴れした見かけない猫が突然現れたりすれば里親探しをするなどして、増やさない努力をしてくれています。

行政が指導しなくたって、自治会や管理会社の協力がなくても、住人の強い思い、行動力があれば、TNRは出来るんです。
不妊手術の費用は住人たちの寄付です。
フードは自腹で皆さん購入して与えています。
フードはお皿に入れて与えており、食べ終われば片づけます。
食事の時間に来た猫にだけフードを与え、置き餌はしません。
目立たないように猫ハウスを置いています。
トイレは設置できないので、目立つものだけ回収しています。

こういう形が出来るまでは何年もかかりました。
細く長くつづけた結果、TNRした猫が徐々に姿を消したり亡くなったりして少しずつ数が減っています。
少しさみしい気もしますが、それでいいんです。
ペット不可の集合住宅に野良猫はいない方がいい。

亡くなった野良猫に対して、また会おうねとは言いません。
今いる野良猫のすべてがTNRされ、適正管理される社会を目指して頑張っていますから、もう会えなくていいんです。

足が痛くてビッコをひいていたマロ、もうあんよ痛くないね。
先に逝った猫たちと仲良くね。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

マロちゃん、色々辛い思いをしたのですね。
今は、もう天国に行ってあんよも痛くないし、元気に楽しく過ごして
いるかな。
人間は悪い無責任な人もいるけどマロちゃんの事を見守ってくれた人も
たくさんいましたね。
マロちゃんのように辛い思いをする子がなくなり、「野良猫」という言葉がなくなる
日が来ればどんなにいいでしょう。
そういう世界がくるように少しでもお手伝いできたらと思います。

マロちゃん、安らかに。

Re: No title

>ねこむすめさん
マロは群れを好まない猫でした。
写真は夕方で望遠で撮っているので黄色っぽく見えますが、白くてキレイな猫でしたよ。
怖い経験をしながらも、強く生きて、いろんな人に気にかけてもらった猫でした。
不妊手術した猫たちがお外で生きていけるように、暖かい目で見守る社会になって欲しいですね。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。