命のバトン

保護猫
04 /15 2015
乳飲み子を引き取りました。
お世話していたおばあちゃんが疲れ切っていました。
乳飲み子のお世話は経験者であっても大変です。
乳飲み子が下痢していたので、すぐに病院へ連れて行きました。
体重が162グラム、お薬はまだ飲ませられません。
補液のみやってもらいました。

帰宅後、ミルクを自力で飲んでくれました。
a/dにも興味を持ったみたいで、小量食べました。

2015-4-14-01.png

3月18日生まれ、育児放棄なので初乳は飲んでません。
もうすぐ1か月なのに体重は160グラムしかありません。
300グラム前後は欲しいのに。

調子にのって飲ませたら182グラムまで増加。
少しホッとしていたんですが、人間用の夕飯を作っている時にピーピー鳴く声が聞こえて、部屋に入ったら臭い。。。
下痢とオシッコをしちゃい、それで私を呼んだみたいです。

M先生にいつ死んでもおかしくないと言われ、覚悟はしていますが、出来ることをやろうと思っています。
M先生は時々オーバーに言うことがあるから、きっとそれだ!と前向きに考えております。

2015-4-14-02.png

おばあちゃんから受け取った命のバトンをつなげたいですね。
これまでも生きていること自体が奇跡だった乳飲み子くん。
この仔の生命力をもっと引き出したいです。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。