乳飲み子

野良猫
03 /28 2015
2年前ぐらいに猫の関係で知り合い、その後音信不通だった人から、乳飲み子が家にいるのよと興奮した状態で電話がかかってきました。
前回会ったとき、親子の猫を世話していたので、仔猫は保護して里親探し、お母さん猫は不妊手術を勧めたんですが、仔猫は馴れない、お母さんはまだこどもだから時期が来たら自分で手術をすると言ったので、私はその言葉を信じてお任せしたんです。

その後、気にはなっていたんですが、忙しくてそのままにしていました。
今回いろいろと聞いたら、何も改善されていませんでした。
当時来ていた猫はもういなくて、次々と違う猫が出入りしているようです。
不妊手術をしていないのに、今まで仔猫が出なかったことが不思議。
どこか別の場所に移動して、そこで不妊手術してもらえているといいんですが。

乳飲み子のお母さんは若い猫でした。
家の中にベッドがあり、今はそこがお気に入りで寝ているそう。
人馴れはしていません。

2015-3-27-02.png

家の中は猫が出入り自由に出来るように、常に窓が少し開いており、水と置き餌が置かれていました。
夜も開けたままだそう。
不特定多数の猫に餌をやってはダメというと、そんなかわいそうじゃないの、餓死しちゃうわよと。
給餌者は高齢者です。
お元気そうですが、高齢ですから、いつ何が起きてもおかしくない。
ご近所は猫嫌いばかりとこぼしますが、猫嫌いを作っているのは、この人なんです。
それに気づいてない。

乳飲み子は家の中で胎盤に包まれた状態で見つかりました。
お母さんは育児放棄で、この人が袋を切って乳飲み子2匹を取り出し、ミルクをスポイトで与えていました。
それも人間用の牛乳。
残った牛乳は自分が飲んでいると、笑って話します。

もう信じられないことばかり。
人間用の薄い牛乳で、乳糖が入ってるから下痢しやすい、命取りになります。

電話でミルクを仔猫用のものに替えること、保温、排せつの仕方を教え、翌日様子を見に行くことにしました。

仔猫用のミルク、シリンジ、デジタルスケールなどを持って訪問すると、外見はキレイで立派なお宅なのに、中は猫が泥だらけの足であがるので床がざらざらしてます。

私が指示したことは何もされていませんでした。
乳飲み子はミャーミャー鳴いて、箱から出て、何かを訴えています。
明らかにお腹が空いてる。
すぐに仔猫用ミルクを温め、シリンジで与えると、強い力で飲みました。
オシッコトントンをしたら、じゅわっとたくさんのオシッコが出ました。
もう1匹の方も早く頂戴と鳴くので、ミルクを与えると5ml飲みました。
生後5日目、体重を測ると、白黒は84グラム、黒は95グラム。
生後5日目ですよ、お母さんのオッパイを飲んでいれば、150グラム前後にはなっている時期です。
排せつ介助もしてもらえてなかったから、タオルに垂れ流し。
だからタオルが濡れて冷たい。
よくこんな状況で生きてるよ。

2015-3-27-01.png

2時間おきに牛乳を与えていると言ってたけど、よくよく話を聞いてみると、そんなに細かく与えてない。
2時間後の時もあるし、5時間後の時もある。適当。
少ししか飲まなかったみたいで、私が2.5mlのシリンジを2本ずつ2匹に飲ませたら驚いてました。
そんなに飲むの?って。

死んだら死んだで仕方ないって言われました。

でも、ミルクを与えてるってことは、この猫たちを生かしてあげたいんでしょう?
お母さん猫が育児放棄した以上、あなたがその役目をやるしかない。
やり方を教えるから、その通りやって。
そうすれば大きくなれるかもしれないから。

やってみると答えたので、丁寧に教えました。

私が引き取って世話した方が生存率は上がります。
でも、やりません。
この人に、お母さん猫が命を削りながら子育てする大変さを分かってもらいたいからです。
不妊手術の意味を理解して欲しい。
それにこの人は私に乳飲み子を引き取って欲しい訳ではなく、目がいつ開くのかを知りたくて電話してきました。
かわいいお目目で自分を見つめる日を楽しみにしてるんです。
だから、生きられる可能性は低くなるけど、この人に任せた方がいいと判断しました。
お母さん猫は不妊手術して欲しいと言ってきたので、体が回復次第、CCPで請け負うことを約束しました。

2日後、この人から電話がありました。
死んじゃった連絡かと思ったら、あんたが持ってきたミルクを注射器で与えたらよく飲むようになった、鳴いてうるさかったのによく寝るようになったよって。
水分はとれてたけど栄養が足りなかったんだと思います。

生後7日目、頑張っています。
体重が増えているのか心配なので、近々デジタルスケールを持って様子を見に行こうと思っています。


今年に入ってから、通常の保護猫の世話に加えて、現場視察、TNR、相談対応など、異常な忙しさが続き、季節の変わり目もあって、体調が良くありません。
一応主婦業もあり、そちらも手が抜けません。
ヨロヨロな状態な時に、今度は置き去り?が出ました。
そのことは後日書きます。
もうホントに痛いところだらけでヨロヨロだよ。。。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

猫の為にいつもお疲れ様です。
はじめてコメントいたします。
疲労でお体大丈夫ですか?猫の活動は身心共に消耗しますね。でも不幸になる猫は後をたちませんね…無責任な人間私も説得してますが、やはり言う事がチロさんのブログと同じ事言ってきます。呆れるし、そんな人間嫌いです。しかし猫は大好きです。どんな猫も。チロさんの活動の半分もしてませんが、気持ちは同じです。

No title

お疲れ様です。
何と言っていいのか‥悲惨な状態ですね。
キュウさんに相談して頂いただけでも良かったかな。
生まれたばかりの子猫さんに牛乳‥!!
絶句するしかありませんね。
お世話されている方が自分の間違いに気づき無責任な餌やりをやめて去勢
避妊の大切さをわかってくれるといいですね。
子猫さん、頑張って生きて育って欲しいです。

問題意識が低いよね(-_-;)自分の(人間の)子供に同様の対応出来るのかな?同じ命なんだけどな…(ノ-_-)

Re: タイトルなし

>もかさん
コメント有難うございます。
次から次へと難問を提供してくれて、猫神様は私を休ませる気がないようです(笑)。
無責任そして会話が成り立たない給餌者と接すると、突き放すべきか、悩みますね。
TNRだけは説得して、市と一緒に協働事業という形で行いますが、そこまでしか出来ないジレンマもあります。
私なんて熱心にやられているボランティアさんと比べたら、たいしたことないですよ。
皆さん、どこまでやるのか、出来るのかは違います。
出来る範囲で続けることに意味があると私は思います。
お互いに頑張りましょうね。

Re: No title

>ねこむすめさん
もう驚くことばかりでした。
一応、飼い猫が1匹いて、その猫は不妊手術済みなんです。
まったく知識がない訳ではないけど、野良猫のことは全然わかっていませんでした。
ある程度成長したら外に出すって言ったんです。
初乳を飲んでないから免疫力がないのですぐに死んじゃうよって言ったら、そうなの?と。
こんな環境で乳飲み子が生きてること自体不思議ですが、もし無事に離乳まで育てば、引き取るつもりです。

Re: タイトルなし

>ねこさん
自分は猫に命を助けられたことがある、だから餌を与えるんだって。
あまり訳の分からないことを言うようであれば、自慢の息子に相談しますと言えば、態度が変わるかも。
終活で家の中を整理し始めたなら、猫のこともちゃんとしなさいって言いたかったよ。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。