下痢騒動

家猫
01 /28 2015
実は先週から我が家の猫たちに便のトラブルが起きています。
先週の月曜日早朝に小次郎が下痢嘔吐、病院で治療を受けた後、回復したように見えてホッとしていたら、
先週の木曜日からレオが下痢。
日曜日にやっと病院に連れていき、診てもらったところ、腸の音に異常な音はない、食欲はある、熱はないので、腸の働きを促進する注射を打ってもらい、あとは食事を一時的に低脂肪・高繊維質なフードに替えて様子を見ることに。
レオは次の日から快便野郎になりました。

ホッとしたのもつかの間、良くなったはずの小次郎が昨晩と今日の昼間にまた下痢。
病院を替えて、お腹に固いところはないか、腸の動きはどうかなど丁寧に診てくださり、検便した結果、小次郎は元々便が柔らかく消化機能が弱いので、療法食に替えたとしてもその療法食が原因で下痢してしまう可能性があることから、まずは消化酵素(ベリチーム)を食事に混ぜて1週間様子をみることに。
今回一番の問題となったのは、小次郎の体重が去年4.2キロだったのに今日は3.8キロに減少している点で、薬を飲むことで消化機能が改善されれば自然と体重は増えるはずなので、1週間後にまた診せにいくことになりました。
増えていなければ、他に原因があるかもしれないので、血液検査を行うそうです。

そしてケンタも昨晩から軟便血便になり、今日念のために検便をしてもらいました。
まともな便も混ざっているので、消化液が足りないのかな~と。
しばらく様子を見ることになりました。

下痢が続いて、細菌か寄生虫かと原因を探っていますが、どの便からもそれらしき物は検出されず、虫が原因の可能性はゼロではないが現時点では可能性は低いそうです。

下痢だから3匹同じ治療をするのかと思っていたら、一時的な腸炎と推測しながらも、個々の体質や下痢の状況に合わせて治療法を変えるのは、さすがチロ姉さんの主治医であるU先生です。

季節の変わり目で体調を崩す犬猫が多数来院しているそうです。
まると翔太は今のところ元気いっぱいやりたい放題。
やんちゃしてもいいから、このまま元気でいてください。

2015-1-27-01.png

幸せ探し会で腰を痛めたらしく、鍼打ってもらってなんとか普通の生活が出来ていますが、わが家の猫の通院などで、学生時代にスキーで痛めた膝などあちこち違和感が出ており、体が悲鳴をあげているのを感じます。
腰と首はだましだまし使ってきましたが、そろそろ本当にヤバいかも。
休んだ方がいいんだろうけど、やらねばならないことが山盛りある。
今は一番大切な我が家のニャンズが早く元気になって欲しいです。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。