おはぎちゃん

保護猫
08 /30 2014
おはぎちゃんは、あんこ、みたらし、ゴマ、あずきのお母さん。
サビ柄の中長毛で珍しい毛並みです。
さらに珍しいのは鳴き声。
猫にもいろんな声がありますが、おはぎちゃんはハゥ↑って鳴きます。
保護当時、声が全然出ないので、声帯を手術しちゃったのかしら?とも思いましたが、徐々にハスキーでファルセットのような声で鳴くようになりました。

ケージの扉を開けると伸びをしながら出てきて、

2014-8-30-01.png

膝の上にのります。
背中をマッサージされると、気持ち良さそうな顔してくれます。

2014-8-30-02.png

そんなおはぎちゃん、先日里親希望者様が現れ、トライアルを経て正式譲渡となりました。

2014-8-30-03.png

おはぎちゃん、お母さん業お疲れ様。
先にあんこ、みたらし、ゴマが卒業し、まだあずきが残っているけど、まあなんとかなるでしょ。

今まではご飯も甘えることも仔猫に譲っていました。
これからは、いっぱい里親様に甘えてね。

おはぎちゃんのあの声が聞けないのは少しさみしいけど、太郎や銀次郎が戻ってきてるので、保護部屋はまた賑やかになりました。

その様子はおいおい記事に書きますね。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。