相性

保護猫
07 /27 2014
トライアルの申し込みを受けて、ラスクとたらこを同じケージにして様子を見ていましたが、良いコンビになりそうです。
どちらも遠慮せず、あたちが先よ、あたちの物よと主張しているところがかわいいですね。

2014-7-27-01.png

兄弟で暮らしていたならお互いの性格を熟知していますからオスとメスのコンビもありですが、別腹の仔猫だと月齢が近くても、オスの方が力が強くてメスが怪我をしてしまうことがあり、メス同士の方がうまくいく場合もあります。

大事なことは、ラスクとたらこのように自分の主張を表に出すこと。
遠慮してるとストレスになって体調を崩すことがあります。

最初は1匹でいずれはもう1匹と考えていらっしゃる方は、最初から相性の良い2匹を飼うことをおススメします。
1匹で王様、女王様のように暮らしてきた猫にとって、新たな猫が来ることは大変なストレスですし、先住猫の方が体調を崩してしまったというお話は時々あります。

わが家のような多頭飼いでも、新たな猫を迎える時はかなり気を使います。
一般的に先住猫のご飯を一番先に出すとか、喧嘩したら新入りだけを叱るとか言われていますが、わが家では新入りが強いので新入りに先にご飯を与え、喧嘩したら仕掛けた方を抱っこするようにしています。

お世話したがりの小次郎は最初の3日間は寝ずにウーシャーしますが、さすがに疲れるんでしょう、丸1日寝た後は新入りをなめたり一緒に寝たりしてくれます。
ケンタとレオは猫見知りしないので、小次郎さえクリアすれば家族の一員になれます(笑)。

多頭飼いは大変な面もありますが、猫同士で遊んだり一緒に寝ている姿は癒されますし、お留守番も出来る点が良いですね。

ラスクとたらこのトライアルがうまくいきますように。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。