いつも犠牲になるのは小さな命

野良猫
07 /04 2014
数週間前、スマホに登録されていない番号から何度も電話があり、帰宅後にまたかかってきたので取ると、
名前を名乗らずいきなり、お宅は仔猫の引き取りをまだしていますか?と言われ、この声はどこかで聞いたことがあるなと思いながら、仔猫は何匹、親猫は?などの話しを聞いていくうちに誰か思い出しました。
そう、去年私が散々暴言を吐かれた給餌者(3年の命)でした。

自分が世話してる去年生まれのメス猫が4月20日頃に出産したらしく、最近仔猫を連れて餌場へ来るようになった、これ以上面倒を見られないから仔猫4匹を引き取って欲しい、親猫は自分たちで不妊手術するからと。

現在、CCPでは保護猫満員御礼状態なので、代表と相談して折り返し電話しますと話し、いったん電話を切りました。

代表も去年のことをよく覚えていて、多忙な中、現場を視察しに行き、給餌者と直接話したそうです。

今回、仔猫の引き取りを依頼してきた理由は、苦情が多いから餌やりをやめる、と。

代表に対しては、穏やかに丁寧な言葉で話したそうです。
(去年の私への態度はなんだったんだろうね)

誰に何を言われようとも何年も餌やりを続けて、猫が減ってしまうのが嫌で不妊手術を頑なに拒否してきた人が猫への給餌をやめる、という。
去年、小春たちのお母さん猫とその娘が不審死を遂げても、餌やりを続けていた給餌者がなぜこのタイミングで餌やりをやめるのか?

疑問はつきませんが、いつ気分が変わるか分からないので、預かり先の調整をしてから仔猫を引き取り、同時に親猫ともう1匹のメス猫をTNRすることで合意しました。

数日後、給餌者から電話があり、仔猫が1匹餌の時間に来なかったと。
その次の日に戻ってきたと連絡あり。

その数日後、また電話があり、仔猫3匹が来なくなって3日経つ、仔猫1匹と親猫は来ていると。
心配だったので、近隣に住む給餌者Kさんに、仔猫を見かけたら教えて欲しいとお願いしておきました。
次の日、Kさんから昨日の夜遅くに仔猫2匹捕まえたよとメールがあり、仔猫の特徴が保護予定だった仔と類似していたので、ひとまず預かってもらいました。

捕獲当日、代表が仔猫1匹と親猫1匹を捕獲し、次の日の朝、メス猫を捕獲し、2匹は不妊手術を行い、仔猫は里親探しをするために家猫修行をすることになりました。

リリース予定の不妊手術翌日の朝、あと1匹が現れた、虐待されたようだと給餌者から代表に電話があり、急きょ保護して、私も病院で合流しました。

シッポが根元から切断され、後ろ足の指2本が欠損した状態でした。
足の傷は私も過去に2例見たことがあります。
同じ集合住宅の別エリアに住むマロと我が家のケンタのママさっちゃんです。
トラバサミでやられたものと思われます。

こんな小さな猫に、なんてむごいことをするんだろう。
いくら猫が嫌いであっても、これは犯罪だよ。

仔猫の怪我は重傷でした。
切断されたシッポの根元の皮膚が化膿していて、ばい菌が大腸の方に侵入してしまったら助からないし、傷が肛門のすぐ近くなので排便が出来るようになるかの問題もありました。
出来る限りの治療をしてもらい、投薬を続けて様子を見ることに。

大けがをしている割には、その仔猫は食欲はあるし、シャーシャー威嚇するパワーもあります。
代表の息子さんが「マカロン」と名付けてくれました。
先に保護された兄弟の富士くんと同じケージで過ごしています。

今のところ排便は出来ていますし、食欲もあります。
とりあえず峠は越えたかな。

2014-7-3-01.png

今後の対応については、現在検討中です。
こんなことが繰り返されていい訳がありません。

=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

何と言っていいか…胸が締め付けられる思いです。
どんなに痛かったでしょう、どんなにこわかったでしょう…。
そんなひどい事をした人(もう人とはよべません)も同じ目に
合わせてやりたい、そうでなければ自分のした事がどんなに
酷い事か自覚できないでしょうから。

今はマカロンちゃんのケガが早く治って命の心配がなくなりますように!
このままではまた他の猫が犠牲になってしまいそうで心配です。
犯人がつかまりますように。

Re: No title

>ねこむすめさん
猫が嫌いなら無視をすればいいのに、餌やりさんに対して言いたいことがあるなら、その人に直接抗議すればいいのに、標的が猫に向かうこの社会が悲しいですね。
マカロンの怪我は、骨が突出した状態なので、いずれは手術になると思います。
怪我に負けず、無事に育って、幸せになって欲しいですね。

No title

どうしてこういう悲しいことが終わらないのでしょう。。。
罪もない動物たちが可哀想すぎます。
マカロンちゃん元気に育ちますように!!

Re: No title

>アルママさん
給餌者が最も罪深いですよね。
繁殖制限をせず、ご近所の迷惑を顧みず、やりたい放題の結果、猫が傷つけられる。
その上、餌やりをやめるという身勝手さ。
猫を守る気持ちはなく、自分が楽になりたいだけ。
こんな人がいるから、猫のためを思い増やさないように頑張っている給餌者までが悪いことをしていると思われてしまう。
悲しいですね。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。