月命日と望愛

チロ
02 /01 2014
早いものでチロが亡くなって1か月経ちました。
いつも通りを心掛け、いつも通りの生活を送っていたのですが、介護の疲れが出たのか、12月に痛めた腰が痛くなったり、胃腸炎で寝込んだりしてしまいました。
休養が必要だったようです。

今は回復してますのでご心配なく。

お骨の隣には、空気をキレイにするというお花を供えました。

2014-2-1-03.png

部屋の整理をしていたら、チロが昔つけていた首輪が見つかりました。
ワクチンに行くときは、チョコ襟をつけて行ったんだよね。
先生や看護師さんにかわいいね~と言われ、チロは嬉しそうな顔をしていたことを覚えています。

2014-2-1-02.png

過去の画像データを保管しているUSBフラッシュメモリを見ていたら、懐かしい写真を見つけました。
チロの仔猫の頃の写真です。
まだデジカメがなく、フィルム式カメラで撮った写真をデジカメで撮り直したものです。
仔猫の頃は、頭の上にブチ模様があったんだよね。
おとにゃになるにつれて消えてしまったけど。

2014-2-1-05.png

階段を登る途中、疲れて寝てしまった時。

2014-2-1-06.png

遊び疲れると、電池が切れたようにどこでも寝てしまったよね。

2014-2-1-07.png

若い頃は病気ひとつせず、病院へはワクチンに行く時だけ。
シニア世代になってから、いろんな病気をするようになりました。

被り物クイーンの名を得た写真(私が勝手にそう言ってるだけです(笑))。
ホントに似合う。

2014-2-1-01.png

一緒に暮らした16年の月日は長く、いっぱい想い出があります。
チロが嬉しい時にシッポを小刻みに動かしたこと、ある特定のメーカーのベーコンと焼き豚が好きだったこと、意外にもマタタビが好物でくねくねしてしまうこと等々、思い出すとキリがありません。

これからも想い出を時々思い出しながら、あんなことがあったねと笑って過ごしていきたいです。



話しは変わって、1月25日にCCP初代猫カフェ店長の望愛(のあ)が亡くなりました。
怪我を乗り越え、猫カフェ店長としてマイペースにお客様をもてなし、里親さまのお宅でのんびりと暮らしていました。
いろんな病を抱えながらも、よくここまで頑張ったと思います。
そして、お世話をされた里親さまにも本当に感謝しています。

凛とした表情の望愛。
保護されるまでの間、いろんなことがあったはずです。
それでも人を信じてくれた、いろんなことを教えてくれた猫でした。

2014-2-1-04.png

先に旅立ったチロが望愛に寄り添ってくれるといいなと思っています。

たくさんの想い出をありがとう、チロ、そして望愛。
また会おうね。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

チロちゃんが亡くなって、もう一ヶ月ですか。早いですね。
お正月でしたから、毎年きっと忘れませんね。
子猫時代のチロちゃんは、あたりまえだけど小さい!
楽しかったことをたくさん思い出して下さいね。

望愛ちゃんは、猫カフェ店長だったのですか。
たくさんの大変なことを乗り越えて頑張った子なんですね。
天国でチロちゃんと友だちになっているかもしれませんね。

Re: No title

>じゅり母さん
元旦に亡くなったので絶対に忘れることはないですね。
チロは仔猫の頃はお転婆さんだったんですよ。
結構イタズラもしました。
レオや小次郎と比べればかわいいもんでしたね。

望愛は誰とでも仲良くなれるので初代猫カフェ店長として人気がありました。
望愛とチロは面識はないけど、きっとお互いにすぐに分かると思います。
ほげ~っとした感じが似てますから。

No title

時間の経つのは本当に早いですね。
チロちゃんの仔猫さんの時のお写真、小さくて天真爛漫でかわいい
ですね。
大人になっても仔猫のようにかわいらしく優しい猫さんでしたね。

望愛ちゃん、色々辛い経験をしたけれど最後は素敵な里親さんに
出会え、愛情をたっぷり注いでもらって幸せな気持ちで天国へ
旅立てて良かったですね。
できればもっと長生きしてほしかったけれど。
今頃はチロちゃんとキュウさんのことや里親さんのことccpの皆さん
の事をおしゃべりしているかもしれませんね。

Re: No title

>ねこむすめさん
本当にあっという間の1か月でした。
チロは生後2~3か月ぐらいで保護した人から引き取り、お転婆さんで走り回っていたことを覚えています。
落ち着いたのは多分10歳ぐらいかな、レオが来てからはレオにオモチャを譲るようになり、時々我慢できずにオモチャに飛びついてきたりしておもしろかったです。

望愛は良い里親さまに出会えて、そのお家で最期を看取ってもらえて本当に良かったと思っています。
保護猫のままだったら、十分なお世話は出来なかったと思いますから。
チロと望愛、一緒にいてくれたら安心ですね。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。