マロ復活

野良猫
07 /23 2013
2週間前になりますが、久しぶりにケンタのママさっちゃんに会いました。
ぐるぐるシッポがケンタと同じだね。

2013-7-23-01.jpg

同じチームのベロリン。
最年長のおっさんです。

2013-7-23-02.jpg

ベロリンの隣に茶色いデブがいて新入りか?と思ったら、飼い猫でした。
太り過ぎだよ。

2013-7-23-03.jpg

猫たちの写真を撮っていたら、後ろからニャーニャーと声がして、振り返るとマロが…。
マロは2週間ぐらい前に姿を消したので寿命かと思っていたら、突然戻ってきたそうです。
マロは避妊手術をしたのに発情して、手術時に卵巣細胞が少しでも体内に残ると再生して発情することがあるそうで、再度開腹手術をして卵巣を取り除いたんです。
でも完全に取れたのかは分かりません。
発情して放浪し、ふと我に返って、お腹が空いて戻ってきたのではないか、と給餌者が話していました。
私もそんな気がしますね。

2013-7-23-04.jpg

この場所に最近、少し大きめの仔猫が遺棄されたそうです。
給餌者がその猫を保護して動物病院の里親コーナーに入れ、無事に里親さんが決まったそう。
なんで猫を捨てるんだろう。
毎年、遺棄されます。
我が家のまるも、ここに遺棄された猫です。
猫を見守っている住人がお金を出し合って里親探しをしてるんです。

TNRをすれば増えることはないんです。
こういう現場で増える原因は捨て猫なんですよね。
捨てられた猫はたいてい不妊手術はされていません。
不妊手術でまたお金がかかります。

なんか納得いかないですよね。
猫を捨てない世の中にするにはどうしたらいいのか、誰か教えて欲しいです。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます、Qさん。

ケンタ君のママ さっちゃん かわいい顔をしてますね。
のら猫にしておくのが、もったいないくらいです^^
でも、のら猫だということで、やはり目つきが鋭いですねw

Re: No title

>ケンさん?(お名前がなかったんですが文面から推察しました)
さっちゃんとケンタは親子でも目つきが違いますよね。
野良として外で暮らしているか、家猫かの違いだと思います。
さっちゃんのにんにく顔がかわいいですよね。
小柄ですがご飯はガツガツ食べるのでガツ子さんとも呼ばれています(笑)。

No title

ケンタくんのママは美猫さんですね♥♥
ベロリンくん、何とも味のあるお顔ですね!!
ベロリン君の隣のチャトラさん、オセロよりオデブさんでちょっと
安心しました(苦笑)
ここまで太らないようにしないとね。
マロちゃん、小柄でかわいらしいですね。
卵巣が再生してしまうなんて…凄いとしか言いようがありません。
2回も手術したなんてマロちゃんも給餌者さんも大変でしたね。
まるちゃん、キュウさんの元に引き取ってもらえて本当に良かった!!
キュウさん、ありがとうございます!!
それにしてもどうして大事な家族の一員の動物を簡単に捨てるの
でしょう!
捨てる前に自分に置き換えて考えてもらいたいですよね!!

Re: No title

>ねこむすめさん
いろんな人の話を聞いて思ったんですが、簡単に猫を捨てる人は、その人にとって猫は家族の一員ではないです。
迷惑に思っている近所の人が勝手に捨てることもあります。
実家の猫はそうでした。半年後に首輪を見てお電話くださった方がいて奇跡的に戻ってきましたが。
野良猫がふくふくとしてる場所は猫が捨てられやすいようです。
現場で給餌者がどれだけ苦労しているのかも知らずに腹が立ちますよね。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。