ふた

ケンタ
06 /14 2013
毎年夏になると見られる、名物ケンタの『ふた』。

2013-6-14-01.jpg

タワーの上で丸く寝ているだけなんですが、タワーと一体化して、ふたみたいに見えるんです。
このタワー、何年前に買ったか覚えていないほど古く、捨てたいんですが、ケンタとまるが交互に使っていて、新しいタワーを買っても捨てられません。
邪魔なんだけどな~。

2013-6-14-02.jpg

ケンタの後ろ右足。
股関節脱臼したまま。
カラスに襲われ、神経を損傷し、膝は曲がらず、皮膚も炎症がひどくて毛根細胞も損失。
毛が生えてないから、少しぶつかっただけで出血することを繰り返し、皮膚がだんだん固くなってきました。
毛って皮膚を守る役割があるんですよね。
肉球は本来4個あるのに3つ。
爪も3本。
爪はしまうことができません。

2013-6-14-03.jpg

でもね、みんなと同じように走ったりジャンプしたり出来るんです。
遊ぶことも大好き。

私が初めてケンタを見たとき、あまりにひどい状態で通行人はちらっと見るものの、見て見ぬ振りをする人が大半でした。
どうしようかと考えていると、こんなのどうするの?と言う人もいました。
放置をしたら明日はない命に見え、看取る覚悟で保護しました。

ケンタを保護して後悔したことはありません。
多くの方に支えられて、今のケンタがいます。

ケンタ、うちに来てくれて有難う。
これからも元気でいてね。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

おはようございます、Qさん^^
ケンタくん、ひさびさの登場ですね。
ケンタくんは少し障害が残りましたが、性格は良さそうなので気に入っています。

No title

ケンタくん、本当に大変な思いをしたのですね。
でも、キュウさんに見つけてもらって助けてもらえて
よかったね!!
キュウさんが見つけてお家に連れ帰らなかったらきっともう
この世にはいなかった…そう思うと心からキュウさんと生きよう
と頑張ったケンタくんに感謝です。
足が不自由でもみんなと元気に遊びまわるケンタくん、これからも
元気でみんなと仲良くね!!

Re: No title

>ケンさん
ケンタはデリケートなところがあり、お客さんが来ると最初は様子を見ていますが、シーバをもらうと仲良くなれます。
レオと小次郎がプロレスを始めると、ケンタは近くに行ってゴロンくねくね。
なぜそんなことをするのか分かりませんが、かわいいです。
小粒でマッチョな体型、暴走する姿は黒いイナズマとも呼ばれています(笑)。

Re: No title

>ねこむすめさん
あの状態なら、見て見ぬ振りするのが普通だと思います。
足が回復すれば里親探しをするつもりでいましたが、約2か月ほぼ毎日病院通いをしていると、どうしても情が移るんですよね。
獣医さんに「ケンタはうちの仔にします」と話したら、やっぱりと笑われて、病院卒業のお祝いにワクチンを打ってくださったんです。
ケンタはたくさんの人たちに応援してもらって、ここまで元気になったと思います。
これからも元気でいて欲しいですね。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。