次の現場になるかも

野良猫
06 /06 2013
昨年から気になっていた現場に、久しぶりに行きました。
そこで見たものは昨年と同じ、猫だらけの光景。
餌やりさんが不妊手術を拒否しているため、手が出せなくて、撤退した現場です。

昨年の春も出産した三毛。
あの時は仔猫は4匹いたはず。
黒っぽい仔猫がカラスにやられたのは人づてに聞いていたけど、他の3匹はどうしたんだろう。
そしてまた今年も出産していました。
乳飲み子が2匹、奥に三毛柄の仔猫が寝ています。

2013-6-5-01.jpg

その近くにはいつもウロウロしているオス猫。
エリアのボスかもしれません。

2013-6-5-02.jpg

その近くの駐車場にも猫。
黒い方は体が小さいです。たぶんメス。

2013-6-5-04.jpg

車を挟んで黒いメス。
耳カットしてあるので、この猫は昨年CCPが依頼を受けてTNRした猫でしょう。
3匹のメスをTNRしたことを覚えています。

2013-6-5-03.jpg

10日ぐらい前に視察に来たときは、他にもいました。
この猫も昨年TNRしたメス。
もう1匹TNRしたキジトラのメスがいたはずですが会えませんでした。

2013-6-5-05.jpg

この猫は妊娠中と思われます。
TNRした黒い猫かと思いましたが、耳カットがありません。

2013-6-5-06.jpg

変わった毛色の猫です。
この猫はバス通りを渡って3~4日に一度、私の知り合いの家にご飯を食べに来ているそうです。
おそらくメス。

2013-6-5-07.jpg

餌の時間になれば、この猫たち以外にも出てくると思います。
いったい何匹不妊手術していない猫がいるのか。。。
昨年よりも猫が増えています。
不妊手術してないんだから当然ですよね。

はっきり言って、関わりたくない現場なんです。
土地の管理者が野良猫に対して無理解で、行政も手が出しにくい場所。
自治会も野良猫の苦情が増えて困っているのに、対策を一切しない。

どういう方法が良いか、あれこれ考えていますが、なかなか考えはまとまりません。
猫の数が多いというのもありますが、それよりもVS住人、VS餌やり、VS自治会の対応が一番難しい。
そして不妊手術の費用をどう工面するかの問題もあります。

同じ集合住宅内でも少し離れた場所では、住人がお金を集めて野良猫のTNRをやっています。
私も関わった現場で、ケンタとまるを保護したところでもあります。

一気にチャチャッと解決できる方法があったらいいのにな。ないよなー。
今年の夏もまた真っ黒に日焼けしそうです。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

Qさん、おはようございます。

野良猫の問題は複雑ですね。
避妊手術の費用が、全額補助金からでるんなら、すべての野良猫にすることができるのですが、、、
何か良い考えとか、あればいいのですが。

No title

本来なら新しい命がうまれるのは、喜ばしいはずなのですが…。
悲しいですね。
このままどんどん増えてしまえば猫たちが厄介者扱いされ
どんな目に遇うかわかりませんね。
猫たちは本能で増えてしまうのでやはり人間が手を加えて
増えるのを押えてあげるしかないですよね。
母猫さんの身体にも出産を繰り返す事は負担が大きいですしね。
みんなで協力しないと進みませんし、個人の力では限りがあるし…
難しいですね。
本当にチャチャっと解決できる方法があったらいいのにね。

Re: No title

>ケンさん
費用の問題だけなら、民間の助成金制度を利用するなどの方法があります。
一番の問題は、住人たちの意識。
自己満足の餌やりが多いこと、猫が増えても仔猫が死んでいても何も感じない人たちが多いこと、餌をやるなと書かれた貼り紙をし、野良猫避けの薬を配布するだけの自治会と管理会社など、難しい人たちばかりです。
住人で協力してくれる人がいればいいんですが、それも無理なようですし、頭が痛いです。

Re: No title

>ねこむすめさん
この現場の餌やりさんは、以前ブログにも書いたことなんですが「不妊手術をしない方が猫は増えない」という考えの持ち主です。
生まれた仔猫が成長して縄張り争いをし、負けた猫は周辺にちらばり、周辺の住人が迷惑していることについては、なにも感じていません。
仔猫見たさに餌やりをし、仔猫が成長すると餌やりをやめる人もいます。
私には信じられない世界です。
この現場にかかわると、寿命が縮むこと間違いなしです。
突破口があればいいんですが、今はまだ明るい兆しは何もありません。

No title

餌やりさんが「自然でいい」といいはるのは、くつがえすのは大変ですね。
そういう人は一生変わらないと思います。
これからのご苦労を考えると、かんたんにはいかないと思いますが、キュウさんなら、やりはじめれば、希望の光がみえてくるはず。
あまり、かんがえるとからだに出ますから(私の場合)、悩むは遅くにしてくださいね。
陰ながら、うまく進むことを祈ってます。

Re: No title

>ちょこばばさん
基本、土日は猫活動はお休みして家族優先の予定を組んでいるんですが、今日は考えこむことが多く、寝不足と肩こりでマッサージに行ってきました。
うだうだ考えても仕方ないので、何かしら行動をしてみようと思います。
ダメならダメで仕方ないです。私には無理な案件だったと切り替えるだけです。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。