上気道炎

チロ
04 /09 2013
7日の低気圧の日、チロがご飯を食べずに寝てばかりいて気になっていたんですが、喉に不快感があるのか、オエッとする仕草を何度もし、夜になって声が枯れていることが分かったのと、口元の腫瘍がまた大きくなっていたので、今日病院へ連れて行きました。

月曜日はかかりつけの病院が休診日なのと、食欲は戻り食べていたので緊急性はないと判断したためです。

喉付近を触ったら同じ現象が出たので、「上気道炎」と診断され、抗生剤の注射をしてもらいました。

免疫システムに異常がある猫は、気温の変化や黄砂などの刺激物が原因となって喉に炎症が起きることがあるそうです。
いつも飲んでいるステロイドは炎症を抑える効果があるので、それも飲ませてくださいと言われました。

口元の腫瘍は大きくなっていましたが、あまり刺激しても良くないらしく、今回は切開せず様子見することにしました。

移動中、ダミ声で鳴き叫んで疲れたチロ姉さん。
甘えて上半身だけ私の膝の上にのっています。ホカホカして温かい。

2013-4-9-01.jpg

注射してもらって少し楽になったかな?

2013-4-9-02.jpg

体重は2.92キロ。安定しています。

高齢なので積極的な治療はしないと先生には話してありますが、毎日機嫌良く過ごしてもらいたいので、つらい症状だけは緩和してあげたいと思っています。
高齢の猫は体調を崩すことが徐々に増えてきます。
お金もかかります。
どこまでやるかは飼い主次第。
何がベストなのかは、人それぞれでしょうし、私は私の出来ることをしたいと思っています。

2週間ぐらい前には、システムトイレに血尿があって、誰が犯猫か突き止めるまで数日かかりました。
猫ごとに、トイレの前部分、横、後ろなど、おしっこをする場所が決まっているんですよね。
猫によっておしっこの量が違うから、地図の大きさも異なり、それで犯猫はケンタと数日後に判明したんですが、血尿はその1回だけで以降普通のおしっこの色なんです。
この状況をチロのかかりつけの先生にお話ししたら、「ケンタくんは仔猫の頃に膀胱炎をやっているので、気温の変化等の影響で膀胱炎になりやすいタイプです、目に見える血尿はなくても潜血のある場合があるので一度尿検査をした方が安心ですよ、石が原因の可能性もありますしね」と言われました。
ケンタも病院か…。

ついでにレオのあごニキビのことも相談してきました。
毛が抜けてやにが出ている状態を説明すると、「化膿した状態なら治療が必要ですが、今の状態ならノルバ〇〇(名前を忘れましたが薬用抗菌効果のあるシャンプーだそう)シャンプーを水で薄めてコットンに浸し、それで患部を湿らせてください、ゴシゴシ拭いてはダメですよ」と言いシャンプーを分けてくれました。
1週間ぐらいで良くなるそうです。

連れてきていない猫のことまで相談に乗ってくださって、U先生、いつも本当に感謝しています。
説明が本当に分かりやすいし、些細なことをたずねてもイヤな顔をしない。
HPはないし、先生おひとりですべてをこなす小さな病院ですが、いつも丁寧に対応してくださって有難いです。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

チロ姉さん

チロ姉さん、腫瘍に上気道炎辛いですね。
若い子ならまだしも、チロさんの年齢だと切開とはいえ手術するのはかなり勇気がいると思います。
これ以上状態が悪くならないと良いですね・・・。

我が家でも、ちいずとすうぷがアクネ出てますよ~。
特にちいずはほぼ毎日温タオルであごを温めてニキビ拭いています。
ひどくなった時だけ、病院で消毒薬(ピンク色)をコットンにつけて消毒しています。
幸い今のところ毛が抜けるほどではないのですが、ちいずは毎日点眼&ニキビケア、これ以上悪くならないように願うばかり。
レオくんも化膿してないようで良かった。
頑張ってシャンプーして、早くキレイになるといいですね^^

Re: チロ姉さん

>ねこむすめさん
チロ姉さん、昨晩は夜鳴きして人間は眠れませんでした。
夜鳴きの理由は分かりません。
今朝は体調良いみたいで、みんにゃと同じ時間に起きて、カリカリを食べて、今は寝ています。

アクネはあごが白い猫に出来やすいんですかね?
チロ姉さんも若い頃、あごが真っ黒でした。
若いと分泌物が多いからなりやすいみたいですね。
ケンタ、小次郎、まるのあごはキレイなんですが、レオだけがあごに黒いブツブツがあって、後ろ足で掻いたりしてたので気になっていたんですよね。
レオはなかなか病院には連れて行けないので、相談して良かったです。
ちいずちゃん、今も点眼してるんですね。
ぽてとママさん、お忙しいのにきちんと猫のお世話をされていて偉いです。

No title

チロちゃん、食欲が出て良かったですね。
気温の差が激しかったり花粉の影響だったり人間でも
体調を崩すのですから猫さんも同じですよね。
ケンタくんも心配ですね。
レオくんは病院に行かなくて済みそうで良かったですね。
元気印はまるちゃんだけですね!!
早くみんにゃんが元気になりますように!!

良い獣医さんに出会えて良かったですね。

Re: No title

>ねこむすめさん
チロは体調の波があって、あまり鳴く猫ではないのに、昨晩からダミ声で夜鳴きをしたり、食欲は今日はあまりなくて寝てばかりいます。
レオはあごを拭くのを嫌がるかなと思ったんですが、意外と簡単にやらせてくれました。
ケンタは一度病院で検査を受ける必要がありそうです。
小次郎とまるが何も問題がなくて本当に助かります。
獣医さんはたくさんいますが、納得のいく説明が出来る先生に出会うまで私もいろんな病院へ行きました。
人によって合う合わないはあるでしょうが、良い出会いに感謝しています。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。