しこり

チロ
03 /02 2013
3月1日の夜、いつものようにチロ姉さんにお薬を飲ませようと口元を触ったら、下あごの辺りに固いしこりを見つけました。
大きさは1㎝弱。
色は黒っぽい。
2日前に投薬した時、まったく気がつきませんでした。
急に大きくなったもののようです。

2013-3-2-01.jpg


翌日にかかりつけの病院へ連れて行きました。

先生は、塊の中の細胞を調べるために小さく切開して中身を出しました。
色はこげ茶色。
顕微鏡で調べた結果、悪い顔の細胞は見つからず今のところは良性のものでしょうと。
診断は、良性上皮性腫瘍のどれか。

腫瘍には良性と悪性があり、さらに上皮性と非上皮性の4つのタイプに分類されるそうです。
皮膚や粘膜などの臓器の表面に近い部分を構成している細胞を上皮細胞といい、その上皮細胞がなんらかの理由で増殖し塊になったものが上皮性腫瘍です。
良性のものは、ゆるやかに成長しますが転移することはなく生命に関わることはありません。
正式な病名を診断するには病理検査が必要ですが、今はまだ必要ないかなと思い、今回は検査には出していません。

チロの場合、腫瘍を完全に摘出した訳ではないので、またそこに上皮細胞の分泌液が溜まり塊となる可能性があります。
腫瘍の周囲が化膿していたそうで、切開した部分から細菌が入ってまた化膿するようであれば治療が必要です。

2013-3-2-02.jpg


良性が悪性に転化することがあるので、注意して経過観察していかなければなりません。

治療は、腫瘍が出来るたびに今回のように絞りだすか、根源を手術で切除するかになります。

チロの場合、腫瘍が口元にあるので手術で切除すると、皮膚が突っ張って食事がしにくくなるかも、と言われました。
高齢なので、全身麻酔のリスクもあります。

悪性ならすぐにでも抗がん剤や放射線の治療を行いますが、チロの場合は良性で急を要するものではないので、今後のことは時間をかけて決めていくことになりました。

腫瘍があっても痛みや不快感はないそうです。
大きくならなければ、そのままにしておくという選択肢もあります。
若い猫なら手術を選択するんでしょうが、チロの場合は悪性でないなら、そのままでもいいのかもしれません。
様子をみながら、判断をしていこうと思います。

チロは今年の7月で16歳。
天疱瘡という病気を抱えた上に、じわじわと他の病気が出てくるお年頃です。
天疱瘡の状態が落ち着いているのが幸いですね。

2013-3-2-03.jpg


あとどれぐらい一緒にいられるのか分からないけど、ご機嫌で過ごしてもらえるように支えていきたいです。


=・・= ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

チロちゃん最近の写真ですか?
そうなら鼻がきれいになりましたね。美人度UP!!
腫瘍は良性で良かったですね。
キュウさんと一緒にごきげんな日々が長く続きますように!
空、退院出来ました。応援ありがとうございました。

Re: No title

>アルママさん
3枚目のチロの写真は3日ぐらい前に撮った写真です。
角度にもよりますがお鼻の皮膚はキレイに見えますね。
先生にもキレイになったね~とほめられてゴロゴロと喉を鳴らしてご機嫌な時に写真を撮ってもらいました。

空くん、退院できて良かったですね。
退院後のケアが大変だと思います。
空くんが元気になりますよう祈ってますね。

No title

チロちゃんの腫瘍が良性で良かったですね!!
高齢になってくると色々心配事がおきてきますね。
日頃から体に触れたり様子を良くみたりすることが病気の
早期発見になるのですね。
オセロも6月で8歳、シニア世代に突入なので気を付けて
みてあげたいと思います。

チロちゃん、とても今年16歳とは思えない仔猫さんのように
かわいいお顔ですね♪♪
いつまでも元気でいてくださいね!!

Re: No title

>ねこむすめさん
チロ姉さんはおばあちゃんという感じじゃないです。
見た目は5歳ぐらいですね(笑)。
シニアになると病気が出やすくなりますから、お腹を触ったりブラッシングをしたりして、気を付けた方がいいです。
早期発見が大事。人間もそうですよね。
5匹いるとなかなか丁寧に接することは出来ませんが、出来る範囲でチェックするようにしています。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。