TNR

野良猫
07 /13 2012
5月下旬、まるやケンタを保護した地域に、怪我をしたキジトラがいると住人から連絡を受けました。
見に行ってみると、確かに背中にはげて赤くなった皮膚が3か所確認できました。
近づくと逃げてしまうのでデジカメのズームで見ただけでは、怪我か皮膚炎かは分かりません。
餌やりさんにどういう状況か確認すると、時々餌場に来ている猫で性別は不明、不妊手術はしていない、と。
またか。
この餌やりさん、金がないと言って今まで何匹も猫を増やしてきた人です。
野良猫に豊富に餌をやるお金があって、なぜ不妊手術が1匹も出来ないのか?

3年ぐらい前、ケンタを保護した地域は、野良猫がどんどん増えていました。
いろんな人から話しを聞き、餌やりさんを突き止めました。
その人が、今回のトラブルの元である餌やりさんです。
近隣の住人がこのまま増えてはいけないと立ち上がり、資金を集め、一斉にTNRをやりました。
繁殖による増加は防げましたが、他所からの流入があり、野良猫の数は減っていません。
置き餌があれば匂いで猫が来てしまいます。
置き餌をやめなさいと言っても、自分の都合ばかり言い訳して、絶対に自分のやり方を直そうとしない。
困った大人です。

話しを元に戻しますが、この猫をどうしたらいいかと相談を受け、不妊手術をしてないなら、捕獲して不妊手術をし2週間効果が持続するタイプの抗生剤を注射して様子をみたらどうかと提案しました。
費用もだいたいの金額を提示するとそれなら出来そうとなり、TNR実行です。

2012-7-13-01.jpg

性別はオスで費用も予定より安く済み、手術後一晩は住人のお宅で過ごしリリースしたと報告を受けています。

最近の見回りでこのキジトラを目撃しましたが、ハゲは目立たなくなっていました。
お薬の効果が出て良かったです。

この餌やりさんの話題を聞くと、今度は何?って構えちゃいますね。
勘弁してほしいです。

・・☆・・ランキングに参加しています。ポチッとするとランキングの順位に反映されます・・☆・・

ブログランキングバナー     にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

** いつも応援ありがとうございます **
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

困ったさん、います。います。
でも去勢と抗生剤の注射で元気になりそうでよかったですね。

困ったさんは、ちゃんとやる餌やりさんが無視しているので、ひとりで勝手に置き餌してあるってます。

Re: No title

>ちょこばばさん
困ったさんはどこにでもいますよね~。
そうそう、まともな餌やりさんと困ったさんは仲良くなれません。
困ったさんはトラブルメーカーなので関わりたくないそうです。
普段はまったく付き合いがないのに、何かあると連絡をしてくる、それも面倒なことばかりなので、連絡が来ると、今度は何?ってみんな構えちゃうんですよ。
勘弁してほしいです。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。