fc2ブログ

一年

その他
03 /11 2012
今日は3月11日。
大震災から一年経ちました。
あの日、私は家にいるときに大きな揺れを感じました。
とても長い揺れでした。
何度も揺れが来て、広報のスピーカーからは緊急地震速報と大津波警報が何度も鳴り響きました。
テレビでは津波に流される家屋や車の映像が流れ、ただただ茫然としていました。
スーパーからは乳製品や納豆。米類が消え、電池も消え、計画停電など、初めて経験することばかり。
警報がなるたびに、我が家の猫たちはコタツに逃げ込むようになりました。それは今でも変わりません。
普通に生活できることの有難さをつくづく感じた一年でした。

地震後しばらくは海岸へ近づくことが出来ず、猫たちも不安だったと思います。
みんな無事でいることを知らされたとき、本当にうれしかった。

2012-3-11-01.jpg

地震の後、自分自身変わったことと言えば、備蓄用の食糧、簡易トイレ、水を用意したこと、ガソリンは半分ぐらいになったら給油すること、キャットフードと猫砂は余分に買うようにしたことぐらいです。
仙台のような都市部でも1か月ぐらい猫用品は手に入りにくかったと聞きますしね。

大震災の経験を活かして、次の地震に備える。
何もしないよりはいいかなと思い、少しずつ防災用品が増えている我が家です(笑)。


・・☆・・ランキングに参加しています。ポチッとするとランキングの順位に反映されます・・☆・・

ブログランキングバナー     にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

** いつも応援ありがとうございます **
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

昨日は沈痛な思いで、1日を過ごしました
いつもいつも心にとめておき、出来る事をって、改めて思いました

ねこちゃん達はもっともっと敏感。この天変地異、きっと感じているでしょうね

Re: No title

>esperさん
私も昨日は一日、いろんなことを思い出していました。
もし大きな地震が来たとき、私が住んでるマンションが無事であれば我が家でペット避難所が出来るように、ケージやキャットフードを用意してあります。
今も原発周辺で保護されていない犬猫たちのことを考えると胸が痛みますね。

キュウ

JPCA 1級愛玩動物飼養管理士
認定登録番号:第133110307号

わが家のレオを保護したことをきっかけに、外で生きる猫たちのために何か出来ないかと考え、個人で3年、団体で7年、約10年、猫ボランティア活動をしていました。
現在は引退し、わが家の猫のお世話係として、せっせと働いてます。

飼い主が分からない猫に関する相談は、現在は受けておりません。
行方不明の猫探し、負傷猫、里親探し等については、茅ヶ崎市保健所環境衛生課衛生担当に(0467-38-3317)にご相談ください。