悩殺

家猫
09 /15 2011
おちびさんの悩殺ポーズにドキュンときました。

2011-9-15-01.jpg

おんにゃのこだから、あまり開かないでね。
はいはい、おネムですね、おやすみなさい。

2011-9-15-02.jpg


おちびさんを保護した地域の近くで、また仔猫が捨てられたようです。
野良猫の餌場に置かれたので、明らかにその場所が狙われたんでしょう。
ペット不可、野良猫の餌やり禁止の集合住宅に猫を捨てる人間の神経を疑います。
猫嫌いな人間もたくさんいるんですよ。
虐待もあるところなんですよ。

その場所の餌やりさんから、なぜか私に保護依頼が来ました。
まったくお付き合いのない方ですし、私はその集合住宅の住人ではありません(私の個人情報をペラペラしゃべってる人間がいる模様)。
一応、私と一緒に組んでる仲間にも相談した結果、よそのエリアまで保護できる余裕はないので、今回は丁重にお断りしました。
でも仔猫は保護して欲しいので、こうしたらいいですよ的な具体案は提案しておきました。

一番大変な餌付け、捕獲、捕獲後の人慣らしトレーニング、ワクチン接種などを丸投げして、依頼主は費用の一部負担だけって、そんな条件は飲めません。

私は見るに見かねて野良猫のTNRと仔猫保護をしているだけで、組織を作って活動している訳ではありません。
その地域ごとに自立してTNRや仔猫保護が出来るように具体的な方法を提案しますが、実際に現場で動くことはしないようにしています。

理由は以前、毎日のようにある現場に通ってTNRや仔猫保護をした結果、その現場の餌やりさんたちは私に依存するようになり、私が指示をしなければ誰も動かなくなってしまったからです。
私も餌やりさんと仲良くなりすぎて、言いたいことが言えなくなりました。

その現場は、今も定期的に餌やりさんから近況を聞いたり、実際に見に行ったりしています。
そうしないと、捨て猫、新入り猫のTNRに対応出来ず、野良猫が増えて、猫が絡んだトラブルが増えてしまうからです。

自立してもらうって難しいですね。
でもあきらめません。
住人たちで野良猫を増やさないようにする意識を持ち、猫嫌いさんもどうでもいいと思っている人もみんなで協力して野良猫を管理する地域猫システムを確立できるように細々ですが頑張ります。


・・☆・・ランキングに参加しています。ポチッとするとランキングの順位に反映されます・・☆・・

ブログランキングバナー     にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

** 応援ありがとうございます **
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

すっかり我が家になってしまいましたね♪

新たな捨て猫ちゃん・・・おなじ場所ですか・・・・???

そこにウチの看板立てておいてください(汗)
すてるなら!!!こちらへ連絡下さい!!!って(汗)

No title

おちびさん、子猫さんでもやっぱりおんニャの子なんですね!!
こんな格好されたら可愛くてしかたありませんね!

仔猫を保護するということは手間とお金と神経が大変ですよね。
でも、子猫さんが幸せになって欲しいという気持ちで保護活動を
しているのですよね。
簡単に仔猫を捨てる人は本当に許せないですね!!
捨てられた仔猫さんが無事に保護されて幸せになって欲しいです。
キュウさん、餌やりさんにアドバイスをしてくださってありがとうございます。

Re: No title

>CCPさん
おちびさんは小次郎のお嫁さんになりたいそうで、毎日ベッタリくっついています(笑)。
新たな仔猫は、おちびさんがいた場所より3棟先にいるそうです。
私に相談した方は、餌付けをしながら預かり先を見つけたそうです。
保護できるといいですね。
団地は関わらない方がいいですって。
海岸側の建物は猫だらけと聞きますから。

Re: No title

>ねこむすめさん
記事後半の内容を書き換えましたので良かったら読んでくださいね。
私は個人で動いていますから、ひとつずつ問題を解決をしていかないと破綻してしまうのが目に見えています。
家の猫が一番大事。
外の猫はその次だと今回つくづく感じました。
TNRや仔猫の里親探しなど、私が知ってる方法はいくらでも教えます。
それを実践するか否かは餌やりさん次第。
仔猫が保護されて、本当のお家が見つかるように私もずっと祈っています。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。