fc2ブログ

ヘルペス

レオ
06 /07 2021
1か月ぐらい前からレオがくしゃみを頻繁にしていて、透明の鼻水だったので鼻炎かなと思って様子を見ていたんですが、白い鼻水と涙目になったので感染症を疑い病院へ連れて行きました。
ヘルペス(猫風邪)のようです。
レオは薬を飲むことが出来ないので、コンベニアを打ってもらいました。

2021-6-6-01.png

ヘルペスは感染力が強いので他の猫にも移りやすいんですが、他の猫は誰も症状が出ていません。
ウイルスに感染しても、健康なら免疫の力で発症しないし、レオ以外は全員ワクチンを接種してるので、その効果もあるようです。
レオは10歳でワクチンを卒業したので、あれから3年経てば効果はもうないでしょう。
一度、ヘルペスに罹患すればウイルスは体内に常にいて、免疫が弱まった時に発症するそうです。
写真では、涙目だけですが、いつもは右側に鼻くそが付いていて私が時々拭いています。

2021-6-6-02.png

レオは13歳、拡張型心筋症という持病があり、そこに気温の変化などのストレスが加わると、免疫力が落ちて、体調を崩しやすくなるそう。
心臓はこの先良くなることはなく、だんだんと進行していきます。
心臓の持病があるから、免疫力が弱くなってきて、少しずつ体調を崩すことが増えてきて、だんだんと弱っていくだろうと、先生は厳しいお話もされました。

ゆっくりと進行して欲しい。
十分なお世話は難しいかもしれないけど、出来るだけのことはして、穏やかに旅立たせてあげたいと思っています。
まだ逝っちゃダメだからね!



=・・= ランキングに参加してます。ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

キュウ

JPCA 1級愛玩動物飼養管理士
認定登録番号:第133110307号

わが家のレオを保護したことをきっかけに、外で生きる猫たちのために何か出来ないかと考え、個人で3年、団体で7年、約10年、猫ボランティア活動をしていました。
現在は引退し、わが家の猫のお世話係として、せっせと働いてます。

飼い主が分からない猫に関する相談は、現在は受けておりません。
行方不明の猫探し、負傷猫、里親探し等については、茅ヶ崎市保健所環境衛生課衛生担当に(0467-38-3317)にご相談ください。