fc2ブログ

日向ぼっこ

家猫
03 /17 2019
晴れた日はお日様があたるリビングに猫たちが集まります。

2019-3-16-01.png

ポカポカと暖かいと気持ちが穏やかになりますよね。


私が実家に住んでいた時、夜になると雨戸を閉め、朝になると開ける、それが当たり前だと思っていました。
今は雨戸ではなく、シャッターというのでしょうか、上から下へ引くだけになって楽になりましたよね。
猫にとって、日光を浴びる必要性は特にないそうだけど、私は日向ぼっこした時の猫の毛の匂いが大好きです。
のんびりと毛づくろいをしたり、ノビノビと寝たりして、気持ち良さそうですよね。

人間と猫が一緒に暮らしていると、どうしても人間の都合を優先しがちになりますが、猫にとって快適な暮らしを実現するには、環境エンリッチメントの考え方を取り入れるといいかもしれません。
部屋の中での生活は、猫にとって退屈な傾向があります。
若い猫ならなおさらです。
外からの音や匂いは、聴覚や嗅覚が鋭い猫にとって良い刺激になりますから、窓から外が見えるようにするといいですし(要脱走防止)、オモチャで遊ぶことで狩りの本能を刺激したり、上下の運動が出来るように家具の位置を配置したりなど(キャットタワーがあればなお良し)、人間が出来ることはたくさんあります。
部屋の中に閉じ込めてかわいそう、退屈そうにしてると思われているなら、猫の本能を刺激するようなお部屋作りを考えてみてください。
外と同じようには出来ないけど、工夫次第で出来ることはたくさんあります。
わが家はすでにいろいろとやっていますが、まだ足りない、まだまだ出来ることがあると感じています。
猫優先すぎて、猫の家に人間が住まわせてもらっているようになってきてますが…。
やりすぎない程度に気を付けます(笑)。



=・・= ランキングに参加してます。ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

キュウ

JPCA 1級愛玩動物飼養管理士
認定登録番号:第133110307号

わが家のレオを保護したことをきっかけに、外で生きる猫たちのために何か出来ないかと考え、個人で3年、団体で7年、約10年、猫ボランティア活動をしていました。
現在は引退し、わが家の猫のお世話係として、せっせと働いてます。

飼い主が分からない猫に関する相談は、現在は受けておりません。
行方不明の猫探し、負傷猫、里親探し等については、茅ヶ崎市保健所衛生課衛生担当に(0467-38-3317)にご相談ください。