FC2ブログ

TNR助成金

その他
05 /13 2011
本年度の公益財団法人どうぶつ基金のTNR耳さきカット猫助成金の申請が始まりました。
TNRとは、Trap(捕獲して)、Neuter(不妊手術して)、Return(元の場所へ戻す)ことを意味します。
野良猫を増えないようにするためには、不妊手術が有効です。
野良猫の不妊手術をしない餌やりさんは、「費用がね~」という方が多い。
そういう場合にこの制度を利用することをお勧めします。

申請後、審査が通れば、不妊手術後にメス1匹5000円、オス1匹3000円が助成されます。
1回10匹まで申請可能です。
それ以上いる場合は、10匹の不妊手術が終了した後に追加申請すればいいのです。
行政の助成金制度は1家につき1匹までのところが多く、これでは全然足りないのが現状です。
耳さきカット猫助成金の詳細は、こちら(←ここをクリック)をご覧ください。

私は実際にこの制度を利用して野良猫の不妊手術をしたことがあります。
過去の記事(←ここをクリック)でも、この制度について書きましたので、参考にしてくださいね。



昨日、雨の中、びしょ濡れの野良猫の遺体に遭遇しました。
以前から猫が多いと思い、見守っていた場所です。
タオルがかけられていましたが、模様やシッポの特徴から、知ってる猫でした。
去年の夏、仔猫2匹を子育てしていたお母さんです。
この場所の野良猫が増えたのは餌やりさんが不妊手術をしなかったせいです。
そのために近所から苦情が出て嫌がらせまでされる、それも猫に対して。
不幸な猫を減らすには、増えない環境を作るしかありません。
未手術の猫はまだまだたくさんいます。
皆さんの周りにも、餌やりさんがいたら優しく声をかけてください。
この猫不妊手術してありますか? 猫のために不妊手術しませんか? 方法を一緒に考えませんか? と。


・・☆・・ランキングに参加しています。ポチッとするとランキングの順位に反映されます・・☆・・

ブログランキングバナー     にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

** 応援ありがとうございます **
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

キュウ

JPCA 1級愛玩動物飼養管理士
認定登録番号:第133110307号

わが家のレオを保護したことをきっかけに、外で生きる猫たちのために何か出来ないかと考え、個人で3年、団体で7年、約10年、猫ボランティア活動をしていました。
現在は引退し、わが家の猫のお世話係として、せっせと働いてます。

飼い主が分からない猫に関する相談は、現在は受けておりません。
行方不明の猫探し、負傷猫、里親探し等については、茅ヶ崎市保健所衛生課衛生担当に(0467-38-3317)にご相談ください。