fc2ブログ

肥満細胞腫再び

黒豆
11 /22 2018
5月に黒豆くんの右太ももに肥満細胞腫が出来て様子見して1か月後、どこにあったのか分からなくなっていたので消えたと安心していたんですが、時々その付近を触ってシコリがないか確認していました。
11月の初めに触った時、ぷくっと膨れたものが触れて、それも同じ場所に、また出来てしまったようです。
今回は前回よりも大きい。
皮膚の色は他と同じでした。

2018-11-21-01.png

2週間ぐらい様子を見ても小さくなる気配がなかったので、前回とは違う病院、ケンタの掛かりつけ病院に連れて行きました。
前回の時は肥満細胞腫と言われたこと、前回よりサイズが大きいことなど経過を話して、なめて出来たカサブタを剥がして細胞をスライドガラスに付着させて顕微鏡で見てもらいました。
結果は、皮膚表層に出来た肥満細胞腫でしょうと。
ムズムズしたり、なんとなく違和感を感じて舐めてカサブタになってしまったようです。
まずはステロイドを投薬して、肥満細胞腫が縮小するか反応をみることになりました。
1週間投薬して、経過を見て、もう1週間投薬となるそうです。
黒豆くんは尿のPHが高くて療法食を食べさせて経過観察しているが、ステロイドを投薬して影響はないのかをたずねたら、それは大丈夫だそう。
猫の肥満細胞腫は、ステロイドで縮小しても、また再発を繰り返すことが多いそうです。
先生の飼い猫も肥満細胞腫が顔に出来て、何度か再発して、小豆サイズのが出来た時に切除に踏み切ったと。
肥満細胞腫が出来ると、ヒスタミンが全身に広がるので、体にはあまり良くないそうです。
何度も繰り返すようなら、切除を考えます。
切除した時に、病理検査もする方向になりました。

カサブタを剥がしたので少し出血して、またカサブタが出来ました。
小さくなって消えてくれるといいな。

2018-11-21-02.png

この日、病院に行く直前に尿が採取出来たので、尿検査もしてもらいました。
結果は、PHは6~7の間、問題ないそうです。
ドクターズケア、スペシフィックFCWの組み合わせが、黒豆くんには合ったようです。
ロイヤルカナンは、よく吐いていたので、体に合わないのかなと思いながら食べさせていましたが、ようやく合うフードが見つかって良かったです。
あとは、この状態を維持していきたいですね。

2018-11-21-03.png

実はこの他にもまたマーキングが始まってしまって、こちらはバッチ&ホメオパシーで対処しています。
黒豆くん、とってもお金がかかってますよー(泣)。
元気になってね。



=・・= ランキングに参加してます。ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ううう…お金のかかるオトコ…最後の写真でなぜかちょっとクスッと笑ってしまいましたが(^^;;ゴメンね黒豆くん。
でもヒスタミンって、かゆいかゆいの成分ですよね…黒豆くん、早く元気になって、また楽しく可愛く笑わせてね♡

Re: タイトルなし

>ぴよさん
シニアになるにつれてお金がかかるのなら分かりますが、黒豆くんはまだ3歳なのに、他の猫よりだいぶお金かかってます。
一番かかったのはケンタですけどね(;^ω^)
ステロイドが苦いので、飲ますと怒ってます。
なんとか飲んでくれていますが、なんでこんなにワガママボーイになってしまったのか。
こんな猫に育てたのは私か(笑)。
アレルギーの症状が出た時に、抗ヒスタミン剤って処方されますよね。
肥満細胞腫が元でヒスタミンが全身に放出されると、例えば胃潰瘍になる猫もいると先生は言ってました。
早く治って欲しいです。

キュウ

JPCA 1級愛玩動物飼養管理士
認定登録番号:第133110307号

わが家のレオを保護したことをきっかけに、外で生きる猫たちのために何か出来ないかと考え、個人で3年、団体で7年、約10年、猫ボランティア活動をしていました。
現在は引退し、わが家の猫のお世話係として、せっせと働いてます。

飼い主が分からない猫に関する相談は、現在は受けておりません。
行方不明の猫探し、負傷猫、里親探し等については、茅ヶ崎市保健所衛生課衛生担当に(0467-38-3317)にご相談ください。