FC2ブログ

ミイロのこと

海岸猫
05 /05 2011
ミイロのことを心配されている方がたくさんいるようなので、病院での診察結果を説明します。

移動中は鳴いたけど診察台ではおとなしかったミイロ。

2011-5-5-01.jpg

先生に良いこ良いこされてます。

2011-5-5-02.jpg

ミイロの傷はわき腹にあり、大きさは3㎝強。
ぐじゅぐじゅした状態でした。
先生によると、喧嘩などの怪我で深く傷つき、長い時間かけて奥の方から皮膚が再生している途中だそう。
まず消毒をしてもらいました。
一時保護する家がなく、治療後も外へ戻すことになることを話すと、1日1回抗生剤を飲ます方法と、2週間持続効果のある抗生剤と消炎剤の注射があると言われ、ミイロは食べたり食べなかったりするので、注射をお願いしました。
これでしばらく様子を見て、傷が今よりも大きくなったり化膿するようなことがあれば、手術で縫い合わせる方法もあるそうです。

軟膏などを塗った方がいいんでしょうか?と聞いたところ、軟膏はエリカラ(エリザベスカラー)などで舐めないようにすれば効果があるでしょうが、外猫にそれは無理ですし、舐めて軟膏成分が体内に入ってしまう方が良くないのでお勧めしません、と言われました。

ミイロは海岸に遺棄された直後はよく食べたのですが、だんだん食欲が落ちてきて、今は本当に小食です。
お腹が妊娠したように膨らんでいるのも気になり(避妊手術済み)、それも診察してもらいました。
触診をした結果、腹水やしこりのようなものはなく、便秘でもないそうです。
わき腹の傷はだいぶ前からあったはずで相当痛かったでしょうから、それがストレスになって食欲が落ちているのかもしれませんとのこと。
傷が治るまで2~3ヶ月かかると思います、とも言われました。
ノミがいたので、ついでにフロントラインも滴下してもらいました。

海岸に戻ってきたら、ミイロは地面でゴロンゴロンして、傷に砂がついてしまいました。
外で暮らしている以上、仕方ありません。

2011-5-5-03.jpg

シーバをあげたら1/2袋ぐらい食べてくれました。

2011-5-5-04.jpg

海岸へ戻った後、よく鳴くので何かと思ったら仔猫を呼んでいたようです。
白い仔猫が姿を見せると、ミイロは安心したように眠り始めました。

今回の病院行きはボランティアさんの一人が提案し、我が家の掛かり付け動物病院へ連れて行きたいと希望されたので、場所を教えるために私が急遽同行してミイロを病院へ連れて行くことが実現しました。
猫たちの体調が気になっていても、私も4匹の猫を抱える身。
行動できずにいました。
体調が良くない猫は他にもいます。
その猫たちをどうしていけばいいのか、見守るだけでいいのか、私もどこまで関わるか答えが出ません。
今回かかった費用は提案されたボランティアさんの全額負担になってしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
今後かかるであろう費用をどうしたらいいのか、誰が病院へ連れて行くのか、問題山積みです。
他のボランティアさんが、元飼い猫と思われるミイロ、ツバサ、白い仔猫の預かり先を探してくれています。
(簡単には見つからないでしょう)
この仔たちに外の生活はかなり厳しい。
ここで生まれ育った猫たちより抵抗力が弱いのです。
どなたか力を貸してくださいませんか?

野良がたくさんいる場所に捨てればそこで生きられるだろうと簡単に飼い猫を遺棄する人間がいますが、飼い猫は外では生きていけません。

私がレスキューに関わったある猫は、アパートの住人に置き去りにされ、外の生活を知らないため、雨が降っても雨宿りをする方法が分からず、濡れたままでした。
あの姿は本当につらかった。
その猫は風邪を引きエイズまで発症してしまいました。
今は残りの猫生を里親さん宅で過ごしていますが、そんなラッキーなことは非常に稀なんです。
病気や怪我、車の事故で亡くなる猫がほとんどなんです。

どうか、飼い猫を捨てることはやめてください。
最後までお世話してあげてください。
心からお願いします。


・・☆・・ランキングに参加しています。ポチッとするとランキングの順位に反映されます・・☆・・

ブログランキングバナー     にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ

** 応援ありがとうございます **
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

いつもご苦労様です。

>野良がたくさんいる場所に捨てればそこで生きられるだろうと簡単に飼い猫を遺棄する人間がいますが、飼い猫は外では生きていけません。

ホントに声を大にして言いたいですね!
猫に餌をやるなの看板より
「飼い猫は外では生きていけません!最後まで責任もって飼って下さい!」の
看板をあちこちに立てて欲しいですよ。

No title

キュウさん 
と、、ボランティアの方、ありがとうございます。

ミイロ痛くてあまり食欲がなかったんですね。
私は、てっきりお腹の張りが原因かと思ってました。
怪我の状態にもよりますが、、この先猫ちゃん達が
怪我などして病院にかかることを思うと費用が大変ですね。
私も以前野良ちゃんをみてもらうことがあり、費用がとても
かかったことがあります。
どこまで関わるかは、本当に難しいことだと思います。

ミイロちゃんは、家猫だったようなので、預かり先が見つかるといいのですが。。
ツバサ君や白猫ちゃんにもお家が見つかりますように。。

Re: いつもご苦労様です。

>HANABIさん
海岸でも餌をやるなって言う人がいるんです。じゃぁこの猫たちを引き取って育ててくれますか?と聞くと逃げてしまう。中途半端な気持ちで余計なこと言うなって思いますよね。
HANABIさんも霊園の猫たちのお世話で毎日大変でしょう。無理をなさらないようにしてくださいね。

Re: No title

>mimiさん
ミイロは血液などの検査はしていないので、詳しく調べたら他に原因があるのかもしれません。
ただやはり、あの猫にとって外の生活は相当ストレスが溜まるものだと思うんです。ツバサと白い仔猫を守るために常に気を張ってるし、特攻隊長ですからタヌキも追い払ってるそうです。クロベエが弱ったミイロに反撃してるとも聞くし、なんとか保護場所を確保しようとボランティアさんが奔走してくれています。私も出来ることを考えて行動していこうと思います。

8日、不動産屋周りしてきます。どうにかして保護できるように…

ミイロちゃんとツバサくん、白猫ちゃんに罪はありませんし(;_;)

お金は掛かるけど、
縁あって巡り会った子たちです。

私が今出来る事、思いつく方法をやってみます。


まずは保護できる環境を早急に見つけて
保護して治療して、大切にしてくれる里親さんを見つけたいです。

人間の都合で捨てられて、
人間の都合で手術して、
知らない所に連れて行くのは
人間のエゴかもしれないけど、
出会ったのは運命と思っています。

猫馬鹿の極みですが、
一時的にでも保護施設になれるような物件探します。

海に居るより平和を与えられるはずだし。
この3匹は何が何でも守りたいです。

頑張ります。

こんばんは☆

漁港から越境してご挨拶できて良かったです(*^o^*)

ボランティアさんの経済的負担に何かお手伝いできないものか‥

世田谷でボランティアのネットワークがあるようですね?

湾岸猫ブログの星野さんが写真の売り上げを支援の費用としているとも。


私に出来ることって、何かな‥?


Re: タイトルなし

>楓斗ママさん
私の力不足でこの3匹を保護することが出来ず、楓斗ママさんに大変なご迷惑をかけてしまうことになり、本当に申し訳なく思っています。もし保護する場所が見つかったら、微力ながらお手伝いさせてください。
今日、ミイロ、ツバサ、白仔猫ちゃんに会ってきました。皆体調が良いみたいで、白仔猫ちゃんと棒で遊んでいたらミイロやツバサも走ってきて、みんなで遊びました。ご飯も食べてくれました。私も出来るだけ船宿へ通うようにします。無理だけはしないでくださいね。

Re: こんばんは☆

>アルテスさん
コメント有難うございます。今日は突然でしたがお会いできて良かったです。
海岸には餌場が複数あり、ボランティアさんたちも結構いるようなんですが、横の繋がりがありません。
ボランティアのネットワークを作り、変な人が来たとか、見たことのない猫が来たけど知ってる?といった情報交換をした方がいいと思うんですが、個人での行動を好む人が多く、実現は難しいようです。
私の活動拠点は他にあり、ここではどこまで関わろうかと思い悩む日々です。
また是非船宿へお寄りくださいね。

キュウ

JPCA 1級愛玩動物飼養管理士
認定登録番号:第133110307号

わが家のレオを保護したことをきっかけに、外で生きる猫たちのために何か出来ないかと考え、個人で3年、団体で7年、約10年、猫ボランティア活動をしていました。
現在は引退し、わが家の猫のお世話係として、せっせと働いてます。

飼い主が分からない猫に関する相談は、現在は受けておりません。
行方不明の猫探し、負傷猫、里親探し等については、茅ヶ崎市保健所衛生課衛生担当に(0467-38-3317)にご相談ください。