fc2ブログ

PH6.0

ケンタ
03 /03 2018
ケンタのオシッコの検査に行ったら、PH6.0になってました。
結晶なし、潜血なし、濃度も問題なし!
今後は、メチオニンのサプリの量を少しずつ減らしていき、この状態が安定する量を見極めます。

調子が良いのと暖かいのとで、ケンタの表情も穏やかになってきました。

2018-3-2-01.png

オシッコの検査のついでに、爪が剥がれた後ろ足を診てもらいました。
2本の爪が剥がれて、再生し始めていますが、2番目の爪がちょっとやっかいな生え方になりそうです。
肉球を傷つけないように、まめに爪切りをしなくてはいけません。

2018-3-2-02.png

ケンタの後ろ足は、保護当時、肉球の一部が壊死していて、このままだと切るしかないかもと言われていたんですが、ある日ポトッと壊死した部分だけが落ちたんです。
なので、肉球が半分しかありません。
右後ろ足は股関節脱臼していて、痛みを感じる神経が麻痺していて、爪が剥がれて出血した時も痛みはなく、圧迫止血しても全然嫌がりませんでした。
つま先の先っぽだけを床につけて、歩いています。
膝は曲がりません。
常に足は冷たくて血行不良があり、時々私が握って温めています。

保護当時から、怪我や病気ばかりだけど、ケンタはいつも乗り越えてくれる、生命力が強い猫です。
小柄だけど気が強い、そうじゃないとあの怪我と病気には勝てなかったでしょうね。

ご飯や水分の量がキャパを越えて体内に入るとすぐに吐いてしまうデリケートな胃腸の持ち主なので、他の猫よりも気を使いますが、ご機嫌でいてくれれば、それだけで十分です。

保護時は次の日が迎えられるかどうかの状態でした。
それが今や8歳。
目指せ10歳と思っていましたが、目標は高く、目指せ15歳、一緒に頑張ろう!



=・・= ランキングに参加してます。ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

キュウ

JPCA 1級愛玩動物飼養管理士
認定登録番号:第133110307号

わが家のレオを保護したことをきっかけに、外で生きる猫たちのために何か出来ないかと考え、個人で3年、団体で7年、約10年、猫ボランティア活動をしていました。
現在は引退し、わが家の猫のお世話係として、せっせと働いてます。

飼い主が分からない猫に関する相談は、現在は受けておりません。
行方不明の猫探し、負傷猫、里親探し等については、茅ヶ崎市保健所環境衛生課衛生担当に(0467-38-3317)にご相談ください。