他人事と思えません

その他
11 /16 2015
私のブログには、寄付や署名を募る記事を基本的に書かないことにしています。
実際にその現場を見ないことには事実が見えないからです。
でも、この内容は是非読んでいただきたいと思い、リンクを張りました。
災害時、ペットを飼っている人たちにとって、他人事ではありません。

↓ここをクリック↓
避難所である石下体育館の建物から出されて、その夜に亡くなったわんちゃんがいます

同じ内容ですが、写真つきの記事はこちら。

↓ここをクリック↓
水害ではなく、避難所で亡くなったわんちゃん


胸がギュッと痛くなる内容です。

避難所には犬が嫌いな人やアレルギーがある人もいるでしょう。
鳴き声がうるさかったりすることもあるでしょう。
匂いの問題もある。
同行避難が難しいことは理解できます。

最近では、団体さんが災害時にペットを預かってくれるところもあり、そういうところを利用すれば良かったのかもしれませんが、
高齢の犬と一緒にいたい、そのためには避難所の外で過ごすしかなかった、この状況を皆さんはどう思われますか?

せめて室内にと、周囲の人たちが働きかけ、体育館の倉庫みたいな場所で過ごすことも許されなかった。
毛布も段ボールも人間のためだからと、使うことを許されなかった。

メディアに取り上げられるのは、犬を背負って避難所へ向かう人の姿や洗濯ネットに入れられた猫を運ぶ隊員の姿です。
避難所でどういう扱いを受けているのかは報道されていませんよね。

ペットと一緒に同行避難された方は他にもたくさんいると思いますが、その方たちはどうしているのか?
気になります。

自然災害は、人間の力ではどうしようもありません。
人命優先なのは分かりますが、
災害時には、行政や獣医師会らが臨時のシェルターを設け、ボランティアがお世話をするなどの体制がとれるといいなと思いました。




=・・= ランキングに参加してます。ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

私も、この記事を先日知りました。
世の中に犬や猫がペットとして多くの人に飼われている現代で、昔のやり方を威圧で押し通そうとする人達がまだ存在するんだなと残念に思いました。
これはもう、人災だと思っているんですが、これが現状なんですよね。
この現状はなんとしても変えていきたいですね。
同時期にべつの避難場所では建物を分けたり、建物の階数を変えたり、部屋を分けたりして対応した所もあります。
なんとでも解決できるハズなのに、ただ、ただ、否定した人には憤りを感じます。
避難場所での対応にこれだけの差があるのは、情報共有が出来ていないのも原因だと思います。
問題解決に向けての情報配信をもっともっとしていって、今後、こういう事が起こらないようにしていきたいです。

オイラやっぱり避難所には行けない((T_T))子供達(=^ェ^=)と一緒に死を待つ(^^)b

Re: No title

>横浜はづきさん
避難所を管理しているのは、自治会の役員なのか、市の職員なのか分からないけど、この対応はちょっとひどいですよね。
避難所にペットを同行してきた場合のマニュアルはあるはずなんです。
それがなぜ周知徹底されなかったのか?
他の避難所では、部屋を分けるなどして室内で過ごすことが出来たところもあるんですね。
良かったです。
茅ヶ崎でもし災害が起きた時、同じようなことが起きないように我々ボランティアが正しい知識を持ち、他の人にも配慮しながらペットが同じ避難所で過ごせるようにしたいですね。

Re: タイトルなし

>ねこさん
ねこさんファミリーは数が多すぎるので避難所に全員を連れて行くのは難しいですよ。
ねこさん家が無事なら、ねこさん家を臨時シェルターにしたらいいと思います。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。