季節の変わり目

ケンタ
10 /08 2015
ケンタが2週間ぐらい前から、胃液を2~3日に一度嘔吐していたので気にしてはいたんですが、金曜日の夕方に下痢と嘔吐をして、急いで病院へ連れて行きました。
慢性膵炎があるので、次の日まで待って大丈夫か分からず、かかりつけの先生に電話で相談して急きょ診てもらいました。
検便をしてもらい、食べたフードは未消化の状態、だいぶ胃腸がお疲れのようだと。
食べる量は減っていたものの食欲はあり、腸の音は静か、腹痛はないそうで、補液と抗生剤と消炎剤を入れてもらいました。
その日は絶食、水もダメ。
次の日の朝から、いつもの低分子プロテインを小量与え、様子を見ましたが、また吐いたので、次の日も補液。
状態は悪くないので、徐々に良くなるでしょうと言われ、その次の日からは嘔吐はなくなりました。

毎年、夏か秋に体調を崩すんですよね。
今年は大丈夫かと思っていたけど甘かった。
早期の段階で治療したので、軽く済みました。
U先生に、毎年体調を崩すことで膵臓の機能は少しずつ落ちていくんですよね~と言われ、ケンタもシニア世代に入りましたから、ますます気を付けなければいけません。

2015-10-7-01.png

慢性膵炎を進行させずに維持することは難しいんです。
体調が安定していたので、他の猫のご飯を少しぐらいぐらいなら食べてもいいかと軽く考えていたのがいけなかったのかもしれません。
この機会に気を引き締めて、食事の管理をしていこうと思います。



=・・= ランキングに参加してます。ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。