アレルギー

その他
08 /22 2015
猫アレルギーだけど猫を飼いたいという方が時々いらっしゃいます。
原因は猫の毛、唾液、フケ、オシッコと言われており、アレルギーの症状としては、目のかゆみ、くしゃみ、咳などが出ます。

私は子供の頃から猫アレルギーはありませんでした。
花粉症で杉とヒョウヒダニに反応することは血液検査で分かっているので、春は目はかゆかゆ、くしゃみ、鼻水。
対症療法でなんとか毎年乗り切っています。
今年の6月に風邪を引き、咳が止まらなくなり咳喘息と診断されました。
喘息用の吸入薬が効いてだいぶ良くなったんですが、完全には抜けず、医師からアレルギーの薬を処方され飲んだら、咳が止まりました。
体調が良い時は症状が出ないんですが、風邪などで体調が良くない時に猫アレルギーが出てしまうようです。

それが分かって、部屋の掃除を徹底してするようにしました。
我が家は多頭飼いなので、猫の毛はあらゆるところにあります。
完全に取りきることは無理でも減らすことは出来ますよね。
カーペットはタイルマットにしてこまめに洗う、ソファや猫ベッド、キャットタワーは毛取りクリーナーでこまめに毛を取り除く、猫ベッドは日光消毒する、猫のブラッシングをするなど、工夫出来ることはたくさんあります。

猫アレルギーを克服することは難しいけど、症状を緩和できるようにお薬を利用したり、アレルゲンに触れないように努力することで猫と暮らすことは出来ます。

でも、これは大人の場合の話。

子供のアレルギーは重症化すると体力がない分、死につながることもあります。
親が猫を飼育した経験がありアレルギーがなくても、子供にアレルギーが出てしまうことがあるんですよね。
子供はダメと分かっていても、自分の行動を制御することが出来ません。
猫が好きだから抱っこしたい、ナデナデしたい、一緒に寝たい。

命に関わることなので、私たちは猫アレルギーのあるお子さんがいるご家庭に猫の譲渡はしていません。
初めて飼う方でトライアル中にアレルギーの症状が出たら、即トライアル中止です。
トライアル申込み前にアレルギーの不安を相談された場合は、必ずアレルギーの検査をお願いしています。
お金はかかるし注射で痛い思いをさせて申し訳ないのですが、検査を受けることで、猫アレルギーが無ければ安心してトライアル出来ますし、アレルギーがあることが判明すれば、今後、猫とどう付き合っていくかをよく考える機会になると思います。

猫アレルギーはあるけど犬は大丈夫という人が結構います。
どうしてもペットを飼いたい方は、犬もおススメですよ。
トライアル期間を設けている団体等から譲り受ければ、もしアレルギーが出てもお返しすることが出来ますし(団体ごとに規約が異なりますから、事前に確認してください)。
犬もかわいいですよね。

大人になって体力、免疫力が強くなり、アレルギーの症状が弱くなったという人もいます。
何年かしてアレルギーの画期的な治療法が確立する可能性もあると思います。
そんな日が早く来るといいですね。


=・・= ランキングに参加してます。ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

猫アレルギー喘息

いつもブログ拝見させて貰ってますが初めてコメントします。
野良猫ちゃんを飼い始めて5年目で猫アレルギーを発症しました。飼う前にアレルギー検査でOKでしたので、大丈夫と思ってたんですがね。
入院をきっかけにですね。
呼吸困難になり救急車で運ばれたりもしましたが、病院での投薬と吸入と掃除で何とか乗りきってます。働きながらの毎日の掃除は大変ですが、愛猫と離れるのは嫌なので…。
猫のオシッコ
唾液も駄目なんですね。先は長いですが少しでも良い環境で過ごしていきたいものですね。

Re: 猫アレルギー喘息

>ミーさん
コメント有難うございます。
途中で発症したんですね。
でも、猫を手放すことなく、治療と掃除で乗り切っていらっしゃる。
大変ですけど猫と暮らすためならやるしかありませんよね。
自分が喘息になって、猫アレルギーのことを調べました。
唾液がアレルゲンなのは知っていましたが、排泄物までは想定外でした。
自分と猫を守るために、掃除と体調管理、お互いに頑張りましょうね。

何があっても手放しません。私が辛いときに支えになってくれたので。
あらゆる事柄ができる人間が頑張って掃除をすれば何とかなりますものね。
ひたすら頑張りましょうね。返信有難うございました。

Re: タイトルなし

>ミーさん
ミーさんもおそらく医師や周囲の人たちから、猫を手放すことを考えた方がいいのではないかと言われましたよね。
私も相当言われました。
猫は家族の一員ですから、そんなこと考えられませんでした。
お掃除頑張りましょうね。
あと風邪を引くと喘息発作が出やすくなるので、風邪を引かないように体調管理していきましょうね。

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。