その他
05 /03 2017
今日は猫ネタでなくて私の話になります。
朝、伸びをした時にガクっと顎で音がして、口が少ししか開かなくなり、かかりつけの歯科に電話して、急きょ診察してもらったら、レントゲンで右顎の骨が変形していることがわかりました(泣)。
俗にいう顎関節症というやつです。
1時間かけて整復をしてもらい、マウスピースの型どりして、口が開いたやったーと喜んだ次の日の朝、同じように伸びをした時に右顎に激痛が走り、また歯科へ(号泣)。
前日より悪くなってはいなくて微調整で済み、本来3日かかるマウスピースを1日で作成してもらって、その場で噛み合わせをチェックしながら調整してもらい、受け取ってきました。
寝る時だけ装着します。
顎が痛い時もつけていいそう。

2017-5-2-01.png

整復、マウスピースはこれ以上進行しないための方法です。
治療には時間がかかり、完治は難しいとのこと。
改善しないようであれば、歯の矯正も考えなければならないらしく、矯正しても改善しない場合は手術なんてこともあるようで、ここで食い止めて良くなりたいです。

食事は弾力のあるものは避け、特にハード系のパンはやめた方がいいと言われましたので、しばらくはキザミ食と柔らかめのものを食べて顎を休めます。

顎がカクって音がしたり、痛みがある場合は、治療が必要な状態かを判断するために、早めに口腔外科へ行くことをおススメします。



=・・= ランキングに参加してます。ポチッとしてくださると嬉しいです =・・=

にほんブログ村 猫ブログ 猫 MIX多頭飼いへ
にほんブログ村
*** いつも応援ありがとうございます ***
スポンサーサイト

キュウ

懸命に生きている野良猫たちを見守りながら、時々、個人で野良猫の相談、T.N.R(Trap:捕獲 Neuter:不妊手術 Return:元の場所に戻す)、不妊手術の啓発、里親探しのお手伝いをしています。

時間がある時にCCP(Chigasaki cat's protect)の活動を手伝っています。

野良猫の苦情・不妊手術等は茅ヶ崎市保健所環境衛生課環境衛生担当へ、保護に関してはCCPに直接ご相談ください。